玄関のリフォームでドアやタイルの交換にかかる費用相場

玄関まわりのリフォームでは、玄関ドアの交換やタイルの交換を行うことで使い勝手や見栄えをよくすることができます。それらにかかる費用やリフォームのポイントを知っておきましょう。

玄関リフォームのポイント

玄関はお家の顔です。玄関ドアが古くなってきたり、防犯のことが心配だったり、冷気がダイレクトに伝わってきて寒かったりと悩みは尽きないですよね。そこで、玄関リフォームを行うためにどのようなリフォームができるのかポイントを押さえておきましょう。

外壁や家の雰囲気と合わせたコ―ディネイト

築年数が経ってくると外壁を塗り替えたり、屋根瓦を葺き替えたり塗り替えたりリフォームをすることでしょう。玄関ドアも同じように塗り替えることができますが、ドアを交換することで使いやすく、時代に合ったデザインのものにすることができます。

リフォーム対応の玄関ドアは現在種類も豊富で、お家のイメージに合わせたコーディネイトを楽しむことが可能です。また玄関タイルのリフォームを同時に行えば別のお家になったかのようなイメージチェンジも夢ではありません。

玄関ドアのリフォームはカバー工法がおすすめ

玄関ドアを交換するといっても、今あるドアを枠から完全に撤去してしまい新しいものに交換をする方法がありますが、この場合ですと、枠を壁から外すことによって外壁の補修や内壁のクロスの補修など費用がかさんでしまいます。

おすすめなのはカバー工法といって、既存の枠はそのままで、その枠に新しい枠をはめる方法です。

このカバー工法は壁を壊すことなく新しいドアに取り替えることが可能で、工事も1日で済ませることができるため、住みながら行うリフォームにはもってこいなのです。

ドアからドアへリフォーム

今の玄関ドアが開きドアの場合、同じように新しい開きドアに交換することはとても簡単に行うことができます。親子ドアになっていたり、ドアの上にあかり取りの欄間がついていても開口幅を変えることなくリフォームで新しいドアに交換できます。

ドアから引戸へリフォーム

今が開きドアの玄関ドアを引戸に交換することも可能です。引戸は荷物が多いときや車イスの出入り、ベビーカーの出入りなどにも向いていますので、今の玄関ドアのついている壁の幅に余裕があれば、アウトセットという枠を外壁側につけることで、開口幅はそのままで、ドアから引戸に変更することができるのです。

引戸から引戸へリフォーム

ドアは引戸のほうが出入りがしやすくとても便利です。しかし防犯の心配があったり、ドア自体が重く感じたりすることがありますが、リフォームをすることで防犯性の高いシリンダーがついた引戸や複層ガラス仕様にすることができます。
古い玄関ドアで開け閉めしづらい引戸も、新しいドアに取り替えることで快適性やデザイン性はグッと高くなります。

玄断ドアで快適性をあげる

玄関ドアは窓同様、外気の冷気が入ってきやすい場所です。アルミ部分が断熱タイプのものやガラス部分が複層ガラスの玄関ドアを選び、リフォームをすることで、室内の快適性能はあがります。また網戸を一緒に取り付けると蚊や虫の侵入を防ぎながら、ジメっとした玄関を通気、採風することができます。

玄関タイルのリフォーム

玄関タイルを取り替える工事は今のタイルを撤去し、新しいものに貼り替えることが可能です。割れや欠けがあってもタイルをリフォームすることで新しい家のようになることでしょう。

しかし、タイルの貼りかえは広さにもよりますが1日では済まない場合もありますので工事業者とよく打ち合わせをし、工期をなるべくすくなくすることがポイントです。

玄関リフォームの費用相場

玄関ドアもタイルのリフォームも費用相場には幅があります。いずれも選ぶ商品で費用は異なってきます。

玄関ドアのリフォーム費用相場

玄関ドアには開き戸、引き違い戸、2枚引込戸などの種類があり、それぞれにもグレードがあります。どのようなタイプを選ぶかで費用相場は異なりますが、30万円~50万円が一般的な費用相場です。

しかし、2枚引き違い戸の開口で3枚引き戸にリフォームをする場合や枠の大きさが異なるドアに交換するケースは、費用は高くなり場合によっては100万円ほどかかることもあるでしょう。

タイル工事の費用相場

玄関タイルを新しいものにリフォームする場合は、今のタイルを撤去し新しいタイルを貼らなくてはなりません。玄関は面積も少ないのでタイル自体の費用はさほど高くありませんが、撤去をするのと新しいものの施工に少々手間がかかりますので、費用は5万円~15万円ほどが相場でしょう。

玄関ドアの枠や上り框との取り合いの部分は慎重に施工をすることがポイントで、雑に行ってしまうと、余計な補修費用がかさんできますので注意が必要です。

他の玄関リフォームを行う場合の費用相場

玄関まわりのリフォームはドアやタイルだけではなく、靴箱やインターホン、ポストや照明なども考えられます。

古い靴箱をシステム収納に取り替えると収納量は格段に上がりますし、インターホンをカメラつきのドアホンに変えたり、玄関灯をセンサーつきのものや、タイマー機能が付いたLED照明に変更をすることで防犯性や快適性にも役立ちます。

収納を取り替える場合は7万円~15万円、インターホンをカメラ付きに変える場合は3万円~10万円、照明器具の交換は3万円~10万円が一般的な相場ですので、どのような玄関リフォームを行うかで費用の検討をつけておきましょう。

自分で行うDIYの場合

昨今、DIYはブームになっていますのでホームセンターでも多種多様な資材が手に入ります。玄関リフォームをDIYで行う場合、ドアの取替えやタイルの交換は技術が必要なため難しいかもしれません。しかし、タイル模様のシートを既存のタイル土間に貼ったり、玄関ドアをペンキで塗りかえるだけでも、リフォームをしたようにイメージチェンジは可能です。

シート状のものはホームセンターやインターネットで簡単に手に入り、費用も数千円~1万円ほどで購入できるでしょう。また塗料も2,000円~5,000円ほどで購入できますので、気軽にDIYを施すことができます。

また靴箱をDIYで作ってみるのもいいかもしれません。

小さいものであれば、すのこを使って簡単に靴を置く棚を作成できます。箱を作って扉を付けることも可能です。サイズをきっちり考え、材料の大きさを把握すればホームセンターで木材をカットしてもらうこともできますので、あとは家に持ち帰って組み立てるだけ。

既製のものを買うより費用は抑えられて、10,000円もかからず作ることができます。

壁に穴を開けたくない場合は突っ張り機能のある材料を使って柱を立て、柱と柱の間に棚板を取り付ければ簡単に玄関収納が出来上がります。見せる収納でおしゃれに玄関をリフォームすることができますね。

まとめ

玄関リフォームをするときはどの部分を変えたいかまず検討し、複数の業者に見積もりを依頼しましょう。リフォームの技術は進歩していますので、今まで大層に感じていたリフォームも相談してみれば意外と簡単に行うことができるかもしれません。

また、DIYを取り入れて費用をかけるところと抑えるところを考えるのもいいでしょう。自分でできることから取り組んでみれば、今後の家のメンテナンスやリフォームにも役立つことが見つけられるかもしれません。

ページトップ