中古住宅をリフォームする際の坪単価はどうなのか?

中古住宅をリフォームする際の坪単価はどうなのか?

中古住宅をリフォームする場合、気になるのが工事費用です。特に全面リフォームでは多くのお金が必要になりますから、この工事費用について不安を抱える方は多いと思います。

なるべく早い段階でリフォーム費用の目安を明確にすることで、現実的な資金計画を立てられるようになります。現実的な資金計画は、満足度の高いリフォームと、リフォーム後の生活の安心感に繋がります。

また、目安となる費用を把握しておくことができれば、新築との比較や、リフォーム会社に見積を依頼した場合も適正金額の検討がしやすくなります。

新築やリフォームなどの建築工事の参考価格として、よく使われるのが坪単価という表現です。この記事では、中古住宅をリフォームする場合の坪単価の目安と、坪単価を参考にする場合に注意したいことを解説しています。

中古住宅のリフォームを検討中の方や、リフォームの参考価格を確認したい方、新築工事との比較をしたい方は是非確認してみてください。

リフォームする際の坪単価について

まずはそもそも坪単価とはどのようなものなのかということから、中古住宅のリフォームの坪単価について確認してみましょう。

坪単価とは

坪単価とは、建築工事を行う際の1坪当たりの工事費用のことを言います。坪単価は、工事金額を工事面積で割ることで算出することができます。

1坪の大きさは、約3.3㎡です。算出方法は 工事金額÷工事面積(坪)=坪単価 となります。

例えば、50㎡の中古住宅のリフォームに500万円掛かった場合は以下のような計算式になります。

50㎡÷3.3㎡=15.15坪
500万円÷15.15坪=坪単価33.3万円

リフォームの坪単価を確認する場合は、現場となる中古住宅の図面を用意して、工事対象となる部分の平米面積を算出することから始めることになります。経験の無い方には難しい作業になるかもしれません。

リフォームの場合、工事面積を改めて表記することは少ないので、工事面積を明確にしたい場合は施工会社にお願いして工事面積を教えてもらいましょう。

坪単価の目安について

リフォームの坪単価の目安は、新築工事とは違い、使用する材料やその家の傷み具合によって工事費用が大きく異なるため、一概に算出することができません。そのため、工事費用の実例データから件数の多いものを参考にすることになります。

戸建て住宅とマンションのリフォームでは坪単価の相場が異なりますので、別々に解説をしていきます。

戸建て住宅の坪単価の目安について

戸建て住宅の場合、工事の実例として一番多い坪単価は30~45万円/坪となっています。15万円の触れ幅については、以下のように考えることができます。

坪単価30万円~40万円

標準グレードの仕様(ビニールクロス)、住宅設備機器は真ん中のクラス

坪単価45万円前後

中の上~上の下クラスの仕様か、標準グレード+構造体の劣化を補修した場合

戸建て住宅の全面リフォームを検討中の方がまず工事費用の参考にする場合は、この坪単価を用いて計算をしてみましょう。

例えば、50㎡の面積を工事する費用の参考を知りたい場合は以下のように確認することができます。

50㎡÷3.3=15.15坪
15.15坪×45万円=681.7万円

一番比率の多い坪単価の価格帯が30~45万円/坪となっていますが、戸建て住宅のリフォームは、20~60万円/坪までほぼ同じ比率で工事件数が分布しています。
坪単価30~45万円の内容については先ほど解説しましたが、戸建て住宅の場合の20万円からのリフォーム内容は、以下のように考えることができます。

坪単価20~30万円

ローコストを意識した仕様、住宅設備機器は賃貸住宅向け~中の下クラス

坪単価45~50万円

構造体の補修や間取りの変更+中の上のグレードの仕様。

坪単価50~60万円

構造体の補修や間取りの変更+オーダーメイドや自然派素材など等のこだわった仕様。

坪単価60万円以上

耐震改修工事や防音工事等特別な工事を含めたリフォーム。

坪単価を確認する際には、計画するリフォームに対する要望がどの程度のグレードなのかをイメージし、当てはまる価格帯を計上してみましょう。

マンションの坪単価の目安について

マンションリフォームの場合、工事の実例として多くの比率を占める坪単価は20~40万円/坪となっています。その内容は以下のように考えることができます。

坪単価~20万円前後

賃貸の美観を保つための必要最低限のリフォーム。間取りの変更はしない。

坪単価30万円~40万円

標準グレードの仕様、軽い間取り変更。

持ち家の全面リフォームを検討中の方は、30~40万円を坪単価の参考としてください。賃貸のお部屋のリフォームで、最低限の美観を保つことを検討中の方は20万円を坪単価として参考にしましょう。

続いて、40万円以上の坪単価の内容は以下のように考えられます。

坪単価40~50万円

中の上のグレードの仕様、建具の取替え、断熱窓設置、軽い間取りの変更等。

坪単価50~60万円以上

オーダーメイドや自然派素材などこだわった仕様や、大幅な間取りの変更。スケルトンリフォームを検討中の方はまずこの坪単価を参考にしましょう。

マンションは、外周部や構造体の修繕の必要が無いため、戸建て住宅に比べてリフォーム費用の相場が低くなっています。

坪単価を参考にする際の注意点

坪単価というのは、建築工事のおおよその費用の目安という位置づけです。ですから、算出された費用は鵜呑みにせず、あくまで参考価格として扱いましょう。

明確な工事費用は施工会社に見積を依頼し、現地調査を行った上で算出されます。その見積金額と算出した坪単価が大きく異なる場合は、なぜそうなったのかを施工会社に確認してみるといいでしょう。

リフォームの坪単価は一概に算出することが難しいのですが、中にはパッケージ化して価格帯を明確に提示している施工会社もあります。

パッケージ化された工事は、費用についての不安が軽くなり、良い試みではありますが、その多くが使用する材料を固定しており、使用材料を変更する場合はオプション料金が発生するシステムになっています。

パッケージ化されたリフォームを検討する場合は、その内容や住宅設備機器のグレードをよく確認した上で話しを進めましょう。

また、キッチン取替えや浴室改修、間仕切り壁一箇所撤去、サッシ取替えなどの部分的なリフォームの場合は今回の坪単価を参考にすることができません。この場合、それぞれの工事に合わせた費用の相場を確認しましょう。

まとめ

中古住宅をリフォームする際の坪単価について解説しました。中古住宅のリフォームとよく比較の対象にされる一般的な木造新築工事の坪単価は、45~60万円となっています。

それ以下の坪単価の住宅はローコスト住宅となり、それ以上の住宅は高級な住宅となります。新築工事も検討中の方は、希望するグレードの価格帯を明確にして、リフォームの坪単価と比較して工事を検討してみるといいでしょう。

坪単価は、工事費のおおよその目安の費用ということをお伝えしましたが、リフォームの坪単価は現場によって大きく異なるということも考慮すると、本当に一概にはまとめられないもので、大概算という位置づけで扱うことになります。

このことを踏まえた上で、中古住宅のリフォームの坪単価を資金計画や工事計画の参考にして、満足度の高いリフォームの実現にお役立てください。

ページトップ